おそるべき症状をもたらすスギ花粉症は、今年も患者さんたちに猛威をふるいます。来年も再来年も…ずっと大変な思いを続けるなんてナンセンス。今は画期的な治療薬が開発・販売されているのをご存知ですか?

花粉症の人に向いている肌着・神栄の花粉センサ

神栄では、スギ花粉を感知するセンサなども開発しています。
花粉症は日本人の10人に1人が抱えている症状で、患者数は年々増加しています。
神栄の花粉センサモジュールでは、内臓ファンで粒子を取り込んで、発光部(1ヶ所)と感光部(2ヶ所)を使って、光学的に検知します。
これにより、従来までは時間がかかっていた花粉とホコリの識別を手間を省いて行うことが可能です。花粉の飛散量の計測を行うことも出来ます。
データの収集や表示方法によって、センサの種類が選べるようになっているので、気象用や医療用など様々なシーンで活用することが出来ます。神栄では離れた場所でパソコンでリアルタイム監視ができる評価セットも扱っています。
企業が装置を開発するほど、花粉症は大きな問題になっています。命に直結するような症状ではありませんが、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、など不快な症状によって、QOL(生活の質)を著しく低下させてしまう曲者です。また、抗アレルギー薬の服用によって眠気が起こり、運転手などの集中力を欠いて自動車事故のリスクを高めてしまうという危険性もあります。
花粉症に対する基本的な対策としては、マスクを着用する、花粉対策メガネなどを装着する、ツルツルした肌着を身につける、などが大切です。
マスクの着用はだいぶ徹底されていますが、肌着に関しては忘れられがちです。
花粉がつきにくい肌着は、レザー、ポリエステル、ビニール、などのツルツルした触り心地の素材です。逆に、ウール、フリース、ファーは花粉がつきやすくて取れにくいのでオススメ出来ません。また、静電気が発生すると花粉を引き寄せてしまうので、静電気が発生しやすい素材も避けた方が良いです。