おそるべき症状をもたらすスギ花粉症は、今年も患者さんたちに猛威をふるいます。来年も再来年も…ずっと大変な思いを続けるなんてナンセンス。今は画期的な治療薬が開発・販売されているのをご存知ですか?

花粉症、7大アレルギー、グルテン過敏症の対策

「秋の花粉症」と言う言葉があります。一般的には、春に飛散するスギ、ヒノキの花粉症が有名ですが、ブタクサやイネ科の植物には秋に症状の出るものも多いです。花粉症の症状であるくしゃみ、鼻づまり、目の痒み等はとても不愉快なものです。花粉の他にも現代人の生活は様々なアレルギー物質にさらされています。例えば、食品アレルギーの中でも有名なのは、卵、牛乳、小麦、そば、落花生、エビ、カニの7大アレルギーですが、それにグルテンを含む小麦食品を摂取する事で体調がすぐれなくなると言ったグルテン過敏症(不耐性)と言った症状も最近増えて来ています。これらの原因は、アスファルト等で舗装された道路が増えた事による住環境の変化や、今まで米中心の食生活だったものが、パンやパスタ、ラーメン等、食べ物の趣味嗜好が多種多様化した事により、日本人の7大アレルギー物質やグルテンの摂取が多くなった事や、現代社会におけるストレスの増加等が考えられます。私たちに出来る対策にはどんなものがあるでしょう。まず、第一にはアレルギー物質を避ける事です。花粉症でいえば、花粉が体内に入らないようにマスクやメガネで防御したり、7大アレルギー等の食品アレルギーで言えば、その物質を含む食品(7大アレルギー物質やグルテン)を徹底的に避ける事でしょう。それから、適切に医療機関にかかる事も大事です。アレルギーに対する医療は日々進歩しています。花粉症で言えば舌下免疫療法など新しい治療法も生まれています。最後に、毎日自分自身で出来る事として体質改善も重要な事です。規則正しい生活や運動をする事、栄養のある安全な食品を食べる事。それからサプリメントを摂取する事も有効です。アレルギーに対して有効なものとしては、善玉菌や乳酸菌のサプリメントが有効と言われています。こう言ったものを生活の中に取り入れるのも一つの手段と言えるでしょう。